マンションのコンサルタント

マンションのコンサルタント マンションの大規模修繕を計画する際、理事会や大規模修繕委員に詳しいメンバーが居ないのであれば、コンサルタント会社との契約をお薦めします。
この事は、とても無駄と思われる区分所有者も出てくるでしょうが、計画の為の1年、工事期間、更に1年点検と、最低でも3年間は費用が掛かっても専門家にアドバイスを受ける事は、マンションなどの大規模な建物において、非常に重要な点と言えます。
つまり、計画段階での工事項目の精査にも専門家の知識と経験は不可欠ですし、工事期間中の各段階のチェックへの立会いも、一区分所有者である、理事や大規模修繕委員には時間的にも知識的にも難しいものがあります。
更に、工事完了後の確認や、初期段階で出てくるような不具合への対応も、同様に難しい事が容易に想像できます。
このように、専門家であるコンルタント会社と契約する事は、工事会社から意識の高いマンションであると認識されやすく、結果的に工事施工への意識を高める事にも繋がり、より良い大規模修繕工事となる事が十分期待できるのです。

マンションの大規模修繕でコンサルタントを利用するメリット

マンションで生活をするうえで重要となることは、修繕計画を立てることです。
基本的には理事会が決めていくことですが、その中でも大規模修繕工事は、大きな費用が掛かるため、住民すべてに影響が及ぶ可能性がある項目です。
基本的には毎月修繕積立金を貯蓄していき、このような大規模修繕に備えるのですが、場合によっては積み立てでは不足するケースが生じて、追加で一時金を負担することになりかねません。
大規模な修繕工事について、不動産専門のコンサルタントに相談をすることは、大きなメリットがあります。
マンションなどの不動産関連の事柄は、結構専門的な内容が多く、一般市民のレベルでは知らないことがたくさんあります。
たとえば、一定の条件をクリアすれば、行政から修繕工事に対して補助金が出るといったこともあります。
ただ、一定の条件というのがかなり専門的な内容になっていることが多いため、専門のコンサルタントにアドバイスをもらった方がスムーズに処理が進められます。