マンションの大規模修繕に関する大家さんからの事前報告

マンションの大規模修繕に関する大家さんからの事前報告 賃貸マンションの大規模修繕である外壁塗装は10年から15年に1度必ずと言っていいほど行われ、風雨での浸水被害を避ける目的で行われます。
この修繕費は、賃貸物件の場合建物のオーナーである大家さんが負担し、入居者が持つことはありません。
自分が住む物件の補修を行うことは快適な暮らしが約束され、再塗装で建物全体がきれいになるため見た目にもよくなり、入居者にとってもメリットとなります。
大規模修繕の際は、予め入居者に日程などの連絡があります。
それにより、入居者は注意をしなければいけません。
大規模修繕は、マンション全体に足場を掛け、養生シートで覆うため防犯上の懸念が出るのと、工期での日照が悪くなるため、洗濯物の乾燥に問題が生じることがあります。
修繕は災害や浸水のトラブルを避ける要素として行われるため、事前の申し出により入居者の理解の上で行われますので、日程を把握した後、カーテンの開閉や施錠管理をしっかりと行いましょう。

法人所有マンションの大規模修繕の勘定科目

マンションは、所有者が毎月管理費と修繕積立金を支払います。
個人が居住用に使用する場合は生活費の一部ですが、法人や、個人事業のためのマンションの場合、勘定科目を区分する必要があります。
 管理費は毎月の経費ですが、修繕積立金は積立金であり、支払う都度経費にすることはできないという考え方があります。
支払ったときに、積立金に計上している場合は、大規模修繕で取り崩した部分を修繕費に振り替えます。
 ただし、修繕積立金の積立目的が大規模修繕のためだけであり、一般の管理費の会計と区分されていること、将来、各戸のオーナーに払い戻されることがないことなどの条件をすべて満たしている場合には、修繕積立金の支払い時に修繕費に計上することができます。
 これは、管理組合の修繕積立金に支払うと、各戸のオーナー一人の意思で大規模修繕のタイミングや内容を決めることができないこと、積立金自体が個人の管理を離れて管理組合の所有になったことによって認められている処理です。