マンションの大規模修繕のスケジュールの立て方と進め方

マンションの大規模修繕のスケジュールの立て方と進め方 マンションの大規模修繕スケジュールは早めに立てておいて、ベストなタイミングで実施できるようにしておく必要があります。
あまり早めに修繕を行ってしまうと費用の無駄になってしまう場合がありますし、遅すぎると耐久性に問題がでてきたり、法令点検で引っかかる可能性もでてきてしまいます。
建設会社、あるいは不動産会社などが修繕のベストなタイミングをマンション建設時から想定していることが多く、長期修繕計画を作り提案してくれることが多いので、築後10年以上が経過したり前の大規模改修から10年が経過した頃になったら計画に基づき、管理組合などでスケジュールを打ち合わせして、点検を受けて修繕個所の洗い出しを行い、業者との費用の打ち合わせや、着工日・竣工予定日などの工期を確認して、できるだけ早く入居者に通知と在宅の必要性の有無を伝えるようにします。
理事会で修繕委員会を立ち上げるときにはできるだけ少人数で、奇数になるようにすると多数決による決議が決めやすくなります。

マンションの大規模修繕をするときは工事瑕疵保険に入る

マンションは、エントランスや廊下などの共用部分、外壁や構造壁などの構造部分を住人全員で共有しています。
そのため、共用部分の維持修繕は、長期修繕計画に基づいて計画的に貯蓄した修繕積立金を利用して行います。
マンションの大規模修繕工事は、部位によって使用可能な機関やメンテナンスの時期を見積もって、10年から15年程度のスパンで行いますが、もともと規模が大きい建物だけに、工事の規模、スケジュール、費用ともに大きくなります。
また、大規模修繕工事の際は、管理会社のサポートを受けながらも、管理組合の理事が実務にあたりますが、不動産や建築工事の専門家ではないので、事前のチェック機能にも限界があります。
施工業者が品質保証をしても、瑕疵の補償が施工業者の手に負えない場合は十分な補償が受けられないこともあります。
そこで、大切な共有財産の安全のため、事前のチェックとともに工事瑕疵保険の加入が有効です。
工事瑕疵保険は、工事後の保証はもちろんですが、検査付き保険制度に加入した、信頼できる施工業者選定にも役立ちます。