マンションの大規模修繕工事の実施時期の目安

マンションの大規模修繕工事の実施時期の目安 マンションは他の建物と同じように、建設されてから日が経つにつれてあちこちで傷みが生じるようになります。
長くマンションの住環境を維持するためには、定期的な大規模修繕工事の実施は欠かせませんが、問題となるのはこの工事の実施時期です。
一般的に、大規模修繕工事の実施時期は10~15年に一度が目安とされています。
なぜ、このような実施間隔になるのかは、マンションごとに様々な理由があります。
例えば、建材のメーカー保証が切れるのが10年になっていることから、前回の工事から10年経過した時期を目処に修繕を実施するようにしているような物件もあれば、建築基準法の竣工後や外壁補修後の全面打診検査の実施義務を根拠としている物件もあれば、周辺の物件の事例にならってそのようにしているだけの物件もあります。
大規模修繕工事は長期修繕計画に基づいて実施しなければなりませんが、安全に住み続けるためには専門家の知恵を借りながら定期的に計画の見直しをこまめに行うことが重要です。
場合によっては工事の実施時期も見直しの対象とする必要があるでしょう。
たとえその時作成した長期修繕計画がしっかりとした内容であったとしても、次に大規模修繕工事を実施するまでの十数年の間にマンションが何が起こるのかは予想することが極めて難しいからです。

マンションの資産価値を左右する大規模修繕の施工状況

マンションの価値は、新築の時は立地や広さ、住宅設備で決まりますが、将来の価値を左右するのは維持、管理状況です。
 マンションは、戸建て住宅と異なり、日常の維持管理や設備のメンテナンスを、住人全員で構成する管理組合が行います。
それによって、戸建て住宅で1人で負担するには高額な、警備員の常駐や、時にはコンシェルジュなどの充実したサービスを手ごろな価格で利用できるのが魅力です。
 施設の維持管理については、長期修繕計画を基に修繕積立金を蓄えて、大規模修繕工事を行います。
費用を分担することで、大規模修繕工事にあたって、一時的に高額な負担が生じることを避けることができますが、そのためには、計画的で予防的なメンテナンスが不可欠です。
 マンションを売買する場合には、長期修繕計画の内容と、施工実績が計画通りに行われているか、修繕積立金がいくらくらい残っているかを確認することが大切です。
 修繕積立金は、修繕以外の目的で利用したり、各戸のオーナーに返金することはできませんが、将来の修繕費に充てるための備蓄です。
 大規模修繕工事が長期修繕計画通りに施行されているか、修繕積立金がどれくらい蓄えられたかは、マンションの将来を知るために大切な情報です。